絶品の牡蠣フライを巡って連日行列のできる沖料理店『なぎさ亭』/兵庫県/網干/姫路/穴子/かき/網干港/エコパークあぼし

4 min

行列が常にできる旬の「沖料理」が絶品!

海に面した絶好のロケーションに店を構える老舗

地元民の知る人ぞ知る名店!

価格は季節により変動しますのでメニュー表を目安にしてみてください。人気店で行列ができているので早めに行って記帳して海沿いを観光して待つか、13時以降にピークを超えてるのでその時間帯に行くことをオススメします。牡蠣と穴子がこのなぎさ亭の名物!!特になぎさ定食は人気の豪華定食です!!

是非一度ご賞味ください!!

れがうまい!!(姫路 網干 穴子 かき 刺身)

【絶品】穴子定食 850円(網干 穴子)

天ぷらサクサクでほんまうまいわ〜、天ぷらってこんなに美味かったのって思わせてくれるお店❗️❗️1時間待った甲斐があるわ〜これで850円はほんま嬉しい!茄子今まで嫌いで食べれなかったんですけど、ここの残すと失礼なんで頑張って食べてみたらサクサクで美味しかったです。グジュグジュのイメージがあって食べれなかったんですけどここのはむしろうまいです!茄子はここでは食べようと思います。そして、穴子はうなぎと比べて硬くて味がイマイチ(苦い)イメージがあって嫌いだったんですが、ここの天ぷらで穴子を食べて180度考えが変わりました。美味すぎる・・・!!プリプリで全然硬くない、穴子ってこんな美味かったんか!と。いや、ここが美味すぎるんだと思います、行列異常ですもん。そして、値段が850円で安すぎる!東京なら1600円はいく内容です。

穴子定食:天ぷら内容

  • 穴子の天ぷら:3匹
  • さつまいも:1個
  • ししとう:1個
  • 茄子:1個
  • 葉っぱ?

【看板絶品】かきフライ定食(網干 かき)

「かき料理」は11月からしかありません!!

このかきを食べに遠方からやってくるお客さんも多くいます。来られるお客さんの8割方はカキフライ目当てにやって来られます。見渡すとカキフライ定食かなぎさ定食のほぼ二択。カキフライはオイスターソースで頂きます。(個人的にはタルタルソースで食べたいが・・・)


牡蠣フライ単品(990円)は8個入り

野菜も付いてます。牡蠣8個で990円は高いのか安いのか・・・・。うまいんですけど、ランチなら牡蠣定食(990円)6個入り確実に頼みます。今回は唐揚げ定食チャレンジしてみたくて、でも牡蠣フライも食べたくて・・・単品で泣く泣く頼みました。正直多いです・・・2人でシェアするくらいが丁度いいですね👍👍👍

2020年12月初旬

小ぶりのカキが8個・・・・・上のかき見てもらったら分かると思いますが、明らかに小さいですよね。12月はまだカキが大きくなってないから仕方がないですが、ちょっと損した気分。ソースもオイスターソースだったのが、タルタルに!なぜ???やはり牡蠣は1月以降に食べるのが良いですね。

【一番人気】超豪華!迷ったらこれ!なぎさ定食

来客者の半数はこちらの「なぎさ定食」を注文されます。季節によってメニューが変わります。牡蠣は11月から。1、2月は牡蠣が食べられます。8月はタコの天ぷら、穴子がメインだそうです。

【冬】かきフライ+旬の刺身

冬は何たってかきでしょう。
このなぎさ亭のかきフライを巡って近隣は勿論、遠方からも大量にお客さんが
押し寄せてきます。

【秋】天ぷら+旬の刺身

この時期はタコが旬のようですね。

煮魚定食

刺身食べたかったのですが、売り切れでなくなって他ので、煮魚定食をチョイス。やや味が少ない印象。

天ぷら定食

穴子が不作のため穴子定食が食べられませんでした・・・・そのため、天ぷら定食をチョイス。キス、エビ、なすび、レンコンなどの盛り合わせ。

【本日のオススメ】はも定食

定番メニューではなく、その時々のオススメメニューです。店頭に表示されていなければ食べられません。レギュラー定食はいつでも食べれるので本日のオススメで気になる定食があればそちらを食べることをオススメします!!

私は2020年9月20日の連休中に来店したので、まだ食べられるかもしれません。現在穴子が取れていないため代替メニューのようですね、穴子を目当てにこの日はきましただ、ハモも大好きなのでむしろアリ!!

肉厚のはもの大振りの天ぷらが3個。

レンコン、カボチャ、ピーマン、ナスなどの天ぷらもサクサクでうまい。なぎさ亭ほんと揚げ方うまいわ〜!!

店 

内装

一見ボロボロの店内ですが、よく見ると随所にリフォームされておりオシャレポイントが
あります。

赤の壁紙は英語の文字が筆記体で書かれており、ややワインレッド調の色使いと深い焦げ茶色の柱にマッチしています。灯りは、なんと和紙を使った灯りでした。よくみないと分かりません。和洋折衷といったところでしょうか。店内には落ち着いた洋楽が流れており、とても沖料理屋とは思えません。『シーサイド・シーフードレストラン・NAGISA』のようなイメージかな。

カウンターから望む

私はカウンターが一番好きです。特に一番奥の角。一番広く、海も見えるので特等席って感じですね。

他のカウンターからも海が勿論見えます。

座敷はゆったりと。

テレビ・芸能人来店多数!!

メニュー

【2020年】料金改定版メニュー表

一部の定食メニューが増税に伴い料金が上がりました。

  • 唐揚げ定食:880円 → 990円
  • カキフライ定食:880円 → 990円

・・・・等

2020年9月頃メニュー

(2019)メニュー表

定食メニュー

1品メニュー

ドリンクメニュー

ち時間は海でもみて時間を潰しましょう!

漁船や網干港を観光しよう

なぎさ亭の目の前には、網干港が広がっています。「かき小屋」、「なぎさ公園」、「日本触媒の景観」なんかも味わえますヨ。ここは本当にいいところです。

なぎさ公園

なぎさ亭から徒歩3分の場所にあります。お子さんと来られた方は、ボールなど持って待ち時間に遊ぶのもいいかもしれませんね。

網干臨海大橋からの眺め

網干臨海大橋から望む景色は絶景!風が吹き、太陽が海に照らされて絶景が広がります。なぎさ亭の順番待ち時間に、散歩がてらに行かれてみてはいかがですか。

絶景!網干臨海大橋から望む、日本触媒の眺め 

列がすごい!!

土日の12時ごろに行くと行列が出来ているので、早めに記帳しておくことをオススメします。日曜の13時過ぎに行くと割と待たずに入れました。一人で行かれる方はカウンターだと割と早く入れます。(私は記帳後5分で入れました)しかし、料理が出てくるのは20分くらい待ちました。(お客さんが多いので仕方がない)味は確かなので、期待して待ちましょう!待ち時間は周辺を探索するのもまた良しです。

ちなみに、12時半に訪れた時は記帳から席案内まで1時間10分かかりました。結局注文して食べれたのは14時でした。相席当たり前の状況です。ものすごい人・人・人!!です。店内の待合席は3席しかないので店内待ちの人でごった返しです。

平日に行くと割とすいている

平日に行くと、お客さんは土日に比べて少ないのです〜〜〜っと入れます。平日を狙うのも手ですね。

ホール2名しかいないため、接客は雑

お客さんは目まぐるしい数で、料理を運び、皿を片付け、お客さんを案内、会計・・・とランチタイムは激務です。正直サービスが行き届いていません。伝票を机に叩きつけるのは無意識でしょうが、イラッとしました。お茶がこない、おしぼりがこない、オーダー取りにこない・・・などもあります。相席や、家族別案内、席を移動してほしいなんてことを言われることもあります。しかし、超忙しいのは見てて分かります。大変なので我慢してあげましょう。料理の美味しさのがきっと、凌駕します。

近隣の美味しいお店

大阪屋(新舞子・室津)

『大阪屋』

新舞子の海沿いにある山を登った高台にあり、普通の人だと絶対わからないお店です。高台にあり、新舞子という海浜が一望でき、海山に隣接しているので自然に溢れているためマイナスイオンが出ている癒し環境。なんて贅沢な場所!!定食も品数・ボリューム満点(普通のお店の定食なら1500円はする内容が1050円程でいただけます)、鉄板メニューは鉄板(スキレット)でアツアツ・ジュージュー音を立てながら食べられます!!ここら辺近辺では室津という日本でも有数の牡蠣が取れる港町があり、室津の牡蠣は他県からも大量に買いに来るほど人気の牡蠣です。1月からはカキフライも是非食べてみて欲しいですね!刺身、海鮮・焼き魚・定食系なんでもあり品数は豊富でも味は決して手を抜かない名店です。(1050円〜2200円)地元民しか知らない教えたくない隠れ家的名店の一つです。

舗情報

網干臨海大橋を下って、下の写真を右に曲がったらすぐ!!

店名 なぎさ亭
住所 〒671-1241 兵庫県姫路市網干区2093−133
電話番号 079-272-7770
営業時間 11:00ー14:00  17:00ー20:00
定休日 月曜日
駐車場 有り

種まく苦労人

種まく苦労人

情報系大学院卒/国内MBA卒/COBOL・VBでデータベース関連ソフトウェアプログラマーを経験/ファクトリーオートメーションを中心とした設備の電気制御・電気設計に従事/電気系資格、情報系資格、工学系資格の資格を複数所持。

個人でブランド・家電・家具・インテリア等多岐に渡り仕入れ・売買経験あり。個人ブランドショップ・ネットコンテンツ等で売買する内にビジネスの基本中の基本、仕入れと利益の関係を学ぶ。買取販売ブランドショップの利益の生み方、駆け引きを学ぶ。

兵庫県関連の記事を書いていきます。大阪⇄兵庫の端まで毎週のように行き来していますので、兵庫愛が強いです。見ていただいた方に、是非ともいってもらいたいと思い、特に飲食店はコアだったり、穴場だったり、開店がレアな所を中心に紹介していきます。皆さまの目に止まればい嬉しく思います。よろしくお願い致します。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事