坊勢島のカレイが有名な漁師の店『らーめんうぉんちゅ』焼きラーメン 姫路 播磨灘 BOZE 家島フェリー船着場前 ガンドガレイ 干ガレイ

2 min
らーめん うぉんちゅ

坊勢島島のフェリ船着場の案内所裏にすぐある「らーめんうぉんちゅ」。ABCテレビ『千鳥の相席食堂』で紹介されました!!水産会社の社長である店主は「干ガレイのだしパック」を生出し、ギフト見本市のコンテストで「料亭の味」と評価されグランプリを見事受賞しました。そんな「干ガレイだし」を店主はより広く口にしてもらいたい、認知してもらいたいと思案・試行錯誤を重ねた末に「ラーメンのスープ」に使うアイデアが浮かび、この「干ガレイ」を生かした「坊勢らーめん」が生まれました。カレイからスープをとったラーメンは唯一無二の味です。店主が独自にラーメンに真摯に向き合って自分の力のみで生み出した至極のラーメン、是非坊勢島、家島に遊びに来られた際はお立ち寄りください!!

看板の坊勢ラーメン(700円)

坊勢島では長年島民に親しまれている、魚の干物「干ガレイ」から旨味を作っている一風変わったスープが特徴のラーメン。ジャンルは「煮干しやあごなど魚介系スープ」。カレイの風味を濃いめに抽出し、豚スープを混ぜており、個性が感じられるスープです。普段食べたことのないラーメンで結構好きです。

カレイでスープを取るラーメンは全国でここしかおそらくないので県外からわざわざ食べに来られる方も多いそうです。

珍しい焼きラーメン!(800円)

焼きラーメンは珍しいので食べてみました。味は濃いめで、スープはありません。しかし、これは美味しいです、しっかり焼かれています!たまごを混ぜるとマイルドな味となりめちゃめちゃうまい!!チャーシューも柔くてもっと欲しい!!ちょっと薄いけど・・・個人的にはもっと食べたかったので、大盛り頼めば良かったな〜と思いました。

個人的にチャーシューめちゃうまかったので「チャーシュー丼(500円)」も次回食べてみたいですね。

  • 通常:800円
  • 大盛り:900円
  • 麺W:1000円

がんどがれい飯(200円)

砂糖じょう油に漬けた「干ガレイ」をご飯の上にのせた「ガンドガレイ飯」は、船の上で食べる定番の「漁師メシ」だそうです!「カレイが有名なんやな〜」と友人と話してたら、奥さんが「これががんどがれい飯の上に乗るんよ、食べてみる?」と言ってくれました。甘くてうまかったです〜、カレイは恥ずかしながら、小学校の給食以来食べました、全然違う!200円と激安なのでぜひ頼んでみて下さい!!

店主はギフト見本市のコンテストで「料亭の味」との評価されて「干ガレイのだしパック」でグランプリを受賞しました。近年は「西京漬け」や「ふりかけ」など加工品開発に力を入れて来られたそうです。

西京漬けは6000円してたのでちょっと手が出ませんでしたが、フリカケは200円だったので購入させて頂きました!

家島諸島では、12月〜3月に旬を迎えるガンドガレイの干物を「干ガレイ」(島では正月の雑煮のだし取りに使われてきた伝統の食材)と呼ぶそうです。

メニュー

日替わりメニューがあるみたいですね。鮭は正直気になりました。

店内

店舗情報

店名漁師の店『らーめんうぉんちゅ』
住所兵庫県姫路市家島町坊勢694-83
電話番号090-2284-6150
営業時間11:00~20:00
定休日不定期
駐車場

種まく苦労人

種まく苦労人

情報系大学院卒/国内MBA卒/COBOL・VBでデータベース関連ソフトウェアプログラマーを経験/ファクトリーオートメーションを中心とした設備の電気制御・電気設計に従事/電気系資格、情報系資格、工学系資格の資格を複数所持。

個人でブランド・家電・家具・インテリア等多岐に渡り仕入れ・売買経験あり。個人ブランドショップ・ネットコンテンツ等で売買する内にビジネスの基本中の基本、仕入れと利益の関係を学ぶ。買取販売ブランドショップの利益の生み方、駆け引きを学ぶ。

兵庫県関連の記事を書いていきます。大阪⇄兵庫の端まで毎週のように行き来していますので、兵庫愛が強いです。見ていただいた方に、是非ともいってもらいたいと思い、特に飲食店はコアだったり、穴場だったり、開店がレアな所を中心に紹介していきます。皆さまの目に止まればい嬉しく思います。よろしくお願い致します。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事