グルメ

行列のできる豚鶏節のクリーミーらーめん「らーめん 会」JR兵庫駅前 魚介らーめん 豚骨ラーメン 三宮 元町 兵庫

兵庫の行列ができる「鶏・豚・節」に力を入れた「らーめん 会」。昼時には行列ができるお店として有名です。

素材の旨味を生かすことにこだわったスープで、鶏好きには堪らない自然ならーめんになっています!

JR兵庫駅前、徒歩5分でアクセス抜群!
夜はすいてるので是非行ってみて下さい!

 

食べログ:3.68

らーめん 会(神戸 魚介らーめん 豚骨)

  • 豚鶏節らーめん4.0:800円

このお店の看板メニューは、

  • 豚鶏節らーめん4.0:800円
  • あご煮干しらーめん:800円

です。

今回は、「豚鶏節らーめん」を頂きました。見た目はなんとも濃厚そうでクリーミーそうな見た目です。

豚骨と豚頬、鳥の小骨を2度圧力鍋で旨味を抽出したスープ、別取りした豚のモミジと豚足のスープ、オニ昆布、三種のすり節(カツオ、サバ、ウルメイワシ)、さんま干し、貝柱、あご(とびうおの煮干し)、スルメイカ、椎茸のダシで作られた体に優しい無化調の魚豚骨らーめんです。

どんだけ手間かかってるんや〜!!
圧力鍋でじっくり煮た豚鶏節のトロトロスープは甘みがありなかなかはじめて食べる感じで新鮮。麺は細麺で、全粒粉の麺を使用しているみたいです。

ドス黒いチャーシュー2枚と鳥ムネチャーシュー1枚入ってます。

 

麺はやや細麺。

終盤はアクセントに「辛にんにく」をトッピング。

丼ぶり、めちゃ安!200円

  • 鳥丼:200円
  • マヨ軟骨丼:200円
  • ライス:100円

う〜ん、これは普通かも。200円ならアリ。

店内

カウンターがU字配置されています。落ち着いた空間ですね。

メニュー

券売機で購入します。

近隣の美味しいらーめん店

麺・ヒキュウ

「麺・ヒキュウ_レビュー」

六甲道の行列が出来る魚介らーめん・つけ麺が有名ならーめん店。おそらく、六甲道駅界隈でNo.1、連日お客さんが殺到中です!

スープは化学調味料を使用せず自然な味わいにこだわり、圧力鍋で旨味を凝縮させたこだわりのスープ。

下の写真はオーソドックスなあっさりした『魚貝らーめん』で、カツオ・鯛・アジ・貝柱等12種類の魚介を使用し旨味を抽出した醤油ダレが味の決め手

とりの骨

「とりのほね_レビュー」

ちょっと遠いですけど、姫路でご紹介したいお店がこの鶏に特にこだわったらーめんを提供する姫路で有名な「とりのほね」。

らーめん会、麺・ヒキュウの魚介系ラーメンが好きな方はきっと気に入ってくれるお店だと思います。

下の写真は「鯛出汁らーめん」で、鯛のほぐし身焼いた中骨昆布の出汁ホタテとつけて鯛の旨味を引き出しているスープ。醤油味と塩味の中間の味わいにしたこだわりのラーメン。麺は普通サイズで、なんとも優しい味です。鯛の出汁が聞いてて全部飲み干せてしまう一品です!季節の野菜を使用し、見た目も美しい。チャーシューはトロトロになるまで煮込まれているのでヒジョーーに柔らかい。

中華そば、限定日替わり麺も大人気です。

鳥チャーシュー丼は絶品!らーめん食べずに丼とビールとつまみを食べて帰るツワモノも多数!!

店舗情報

店舗名:らーめん 会
住所:兵庫県神戸市中央区相生町4-4-5 宮北ビル 1F
電話番号:無し(忙しいからかな?)
営業時間:[月・火・木・金・土]
11:00~14:00 / 18:00~21:00
[]11:00~14:00
定休日:水曜・祝日
駐車場:なし

ABOUT ME
種まく苦労人
情報系大学院卒 COBOL・VBでデータベース関連ソフトウェアプログラマーを経験 ファクトリーオートメーションを中心とした設備の電気制御・電気設計に従事 国内大学院にてMBA取得のため在学中 電気系資格、情報系資格、工学系資格の資格を複数所持。 ゆくゆくは取得手順を公開していきます。 現在、IoT、AI関連プロジェクトを進めております。 こちらは並行しながら、python/概念の学びを継続中。 個人でブランド・家電・家具・インテリア等多岐に渡り 仕入れ・売買経験あり。 行きつけの個人ブランドショップ・ネットコンテンツ等で 売買する内にビジネスの基本中の基本、仕入れと利益の関係を学ぶ。 買取販売ブランドショップの利益の生み方、駆け引きを学ぶ。 兵庫県関連の記事を書いていきます。 大阪⇄兵庫の端まで毎週のように行き来していますので、兵庫愛が強いです。 見ていただいた方に、是非ともいってもらいたいと思い、特に飲食店はコアだったり、穴場だったり、開店がレアな所を中心に紹介していきます。 多方面に興味がありますが、 点は線で繋がることを体感しています。 皆さまの目に止まればい嬉しく思います。 よろしくお願い致します。 twitterのフォローもよろしくお願いいたします。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ @tanekuro_jp