ハーレー VRSCDX ナイトロッドスペシャル VROD

4 min

VRSCDXが生産終了しましたね。。。。私は「VRSCDX ナイトロッド スペシャルエディション」が初めてのハーレーです。今までは国産旧車のカワサキ車が好きなバイクユーザーでした。(特にゼファー1100)ハーレーは高いという固定概念から高額なお金を出してハーレー製のバイクを乗ることには抵抗がありました。何より大型のアメリカンに抵抗があったのです。そんな中で、ハーレーっぽくない異質なバイクが出現しました。「VROD」という型のバイクです。全体が漆黒のボディーである「ナイトロッドスペシャルディション」には観た瞬間、欲しい!!と沸き立ちました。地元の個人車屋さんでVRSCDXナイトロッドの最終モデルが置いてあったのですが、、、200万以上していたので流石に買えませんでした。型落ちのナイトロッドを運よくオークションで見つけたので落札しました。このバイクの購入の決め手は、スポーティーアメリカンでアメリカンっぽくないところが魅力!エンジン音も至って静かです。カワサキ車が好きな自分でも抵抗なくハーレーに入って行けました。ハーレーて低速での走行が本当に心地よい、マフラー音よりモーターのドゥルン!!と言う音が心地よいです。

ハーレーなんだけど、ハーレーらしくないハーレーがVRSCDXです。

メンテナンス費用はいくらなのか、車検費用、消耗品なども公開しますので、購入を考えている方の参考になれば嬉しく思います。

スペック(ナイトロッド VRSCDX)

COMMING SOON

妖艶なハーレーらしからぬ目

道ゆく人に注目される

「これなんてバイク?」ってよく声かけられます。「ハーレーなんです」ていうと、「あーこれハーレーなの!?」ってビックリされます。らしくないバイクなんで仕方がないですが。でもそこがイイんです。

斬新なスタイル

漆黒に溶け込む妖艶なマシンという言葉がよく似合うVRSCDX。オレンジのライン部分は元々マットブラックだったのですが、ツヤのあるオレンジに塗り替えました。

夕暮れに映える

走り

FINALFANTASYⅦ 『アドベントチルドレン』でクラウドが乗る大型のバイクに似ている!!

動画

自分で乗っている姿は目れないですけど、人が乗ってるの見るとかなりカッコいいですね!黒の大排気量のマシンは妖艶でクールです。このバイクを購入したきっかけはファイナルファンタジー7アドベントチルドレンのクラウドが乗ってるバイクかっけーーーと思ったことからです。似たようなバイクないかなーと探して見つけたのがこのVRSCDXと言うわけです。購入するとき、もっとも参考にしたバイク動画がこちら。

マフラー交換してドレスアップ・ハーレーっぽく!

静かなハーレーが好きだけど、やっぱハーレー持ってるんだからちょっとくらいハーレー気分を味わいたい!と思って、音量アップのためマフラーを交換しました。せっかく買ったんだから、やはり、ハーレー乗ってるぞって分かってもらいたい(笑)

VANCE&HAINDS

ボルトオンで接続可能!漆黒のマシンにはマットブラックのマフラーが似合います!ハーレー乗っている以上、音量には多少こだわりたい。私はハーレーのあのバカでかい音はあまり好きでないことから音が小さなVRSCDXを選んだので、音量はほどほどでいい。VANCE&HAINDSのマフラーは純正よりそこそこ音量が大きくなり、上品な音を奏でてくれます。ツーリング等で見かけるあのハーレー音が好きな方には物足りない音だと思いますが、これくらいがちょうどいい。

新品:¥50,000
中古:¥15,000〜30,000

ハーレーで使用するレンチは六角レンチじゃない!!

ハーレーのマフラー交換しようと考えたんですが、普通の六角レンチではできなかったです。

純正マフラーは絶対売らない方がいい!

マフラー交換した時に、マフラー購入代金の回収のために純正マフラーを売却したことがありました。¥17,000くらいにはなり、喜んでいたら・・・・車検時は純正マフラーでなければ通らないとディーラーに言われ慌ててヤフオク等を探しました。そもそもVRSCDX自体数が出ている車種でなく、製造年度によっても適合が異なるため自分のモデルに適合するマフラーがなかなか見つけられず・・・・青くなった経験があります。純正購入した場合10万以上するので、ほんと恐怖です。ディーラーにも言われました、「純正部品は絶対売ったらあかん、売るときめっちゃ値段下がるで」と。ちなみにディーラーでマフラー交換(サイレンサーの脱着のみ)すると¥10,000も取られました。これは高すぎるわ〜、工具はもっとかなあかんと反省しました。

メンテナンス費用・維持費

5年保有しての感想。
維持費的には普通のバイクと同じくらい、もしくはそれ以下です。ハーレーって外車だし意外と高いと思われがちですが、ぶっちゃけ安いです。1000cc以上あっても自動車税自体微々たる金額です。自動車保険(2輪)入っていれば途中で止まってもロードサービスで無料対応可能で時にお金はかかりません。定期的なオイル交換だけしておけばOKです。キャブ車ではなくインジェクションのため特にメンテナンスフリー。タイヤが太く大きいため、頻繁に乗る人であれば高いかもしれません。私のように月1回ほどしか乗らないユーザーは所有して5年目になりますが、一度もタイヤを交換していません。まだまだ溝があります。バッテリーを社外製一度入れたことがあるんですが、3回で充電されず止まってしまった経験があります。(バイクワールドで適応バッテリー購入)1万円後半くらいしたのに・・・・結局ハーレー正規ショップで3万以上する正規バッテリーを購入しましたが、問題なく稼働しました。やはりハーレーは純正品に限る。純正部品はやはりバカ高いですね・・・・。車検も正規店に出すと13万くらいかかりました。車両自体が高いのでやはり点検は重要と考えてしまいます。ハーレーなどを扱える自分のバイクショップを見つけるのが重要になりそうです。特に問題なければ、6万くらいでいけるでしょう。不具合部品のみ純正ショップで取り寄せればOK。私は次回の車検から正規店に出しません。

中古相場

¥700,000〜¥1,800,000くらいが多いです。VRSCDXは現在は生産しており、値段が高騰しているため、¥1,000,000以下で購入することは難しいでしょう。VRODなら見つかればいけると思いますが、VRODはメッキ調が強く、ナイトロッドのように黒を基調としていないため資産価値としてはないので、購入するならVRSCDXのナイトロッドを購入することをおすすめします!

VRSCDXが好きな方はこちらのバイクもおすすめ!

フォーティエイト」、こちらもこじんまりとした機体で街で映えます。排気量は1000cc以上の大型でカスタムパーツもたくさん出ており自分だけのオリジナルマシンを完成させることができます。個人的には、漆黒のカフェレーサースタイルが好きです。赤のタンクにカスタマイズするのもオシャレです。難点として、スタイルが最高にクールなのですが、タンク容量が少ない・・・・。そのため、ツーリングに行くと頻繁にガソリン供給しなくてはならないのが難点です。

種まく苦労人

種まく苦労人

情報系大学院卒/国内MBA卒/COBOL・VBでデータベース関連ソフトウェアプログラマーを経験/ファクトリーオートメーションを中心とした設備の電気制御・電気設計に従事/電気系資格、情報系資格、工学系資格の資格を複数所持。

個人でブランド・家電・家具・インテリア等多岐に渡り仕入れ・売買経験あり。個人ブランドショップ・ネットコンテンツ等で売買する内にビジネスの基本中の基本、仕入れと利益の関係を学ぶ。買取販売ブランドショップの利益の生み方、駆け引きを学ぶ。

兵庫県関連の記事を書いていきます。大阪⇄兵庫の端まで毎週のように行き来していますので、兵庫愛が強いです。見ていただいた方に、是非ともいってもらいたいと思い、特に飲食店はコアだったり、穴場だったり、開店がレアな所を中心に紹介していきます。皆さまの目に止まればい嬉しく思います。よろしくお願い致します。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です