ガジェット

ワイヤレスカナルイヤホンが嫌いな方向け!オススメインナー型ワイヤレスイヤホンまとめ  galaxy buds live air pods SABBAT okcsc X12 Pro

「耳の耳介」と呼ばれる部分にイヤホンを引っ掛けて音楽をきく「インナー型イヤホン」。小学生の頃から有線でのイヤホンで慣れ親しんで来た方がほとんどだと思います。しかし、近年、有線でも外れにくい耳の奥にねじ込む方式の「カナル型イヤホン」が登場しました。こちらは音がよく聞こえ抜けにくいということからこちらが主流になってきました。私も挑戦したことがありますが、どうやって付けたらいいか形的に分からず、そしてねじ込む感じが非常に嫌いだったので、カナル型とは共存出来ないと思っていました。時は流れ、線が無い、Air iPodsが出てきて一気にワイヤレスイヤホンの市場が拡大していきました。そのほとんどが残念ながら「カナル型」なのです。

これは、インナー型しか無理な私にはキツイ・・・・でもワイヤレス欲しい・・・だって線首の後に回したり、線が短かったら胸ポケット入れたり、そもそも邪魔だったり、引っかかったり不便が多い。何よりカッコイイ・・・・

そんな私と同じ気持ちを抱いている方に是非、3つの「インナー型イヤホン」をオススメしたい!きっと気に入って頂けると確信しています!

SABBAT OKCSC X12 Pro

カナルイヤホンに比べて、圧迫感がないのでラクです。こちらのイヤホンがワイヤレスイヤホンで初めて買った品です。

汗や小雨くらいの防水、ケースから取り出して即ペアリングされるのでめちゃめちゃ楽です!ちゃんとペアリングしてるかな〜とiphone側を確かめる必要がありません。もちろん片側だけでもしっかりペアリングします。この品、1回の充電ケースの充電で、最大30時間も音楽が聴けるのは大きいです!(連続再生ではないので都度ケースで充電は必要ですが)そして、音ですが、安いからといって音質は悪くありません。体感的にはiphoneのイヤホンと大差ないです。めちゃくちゃいいとは言いませんが、そこそこの品です。6000円くらいで買える安価な品でありながら、音はいい。これはコスパ的に素晴らしいです!!

私はこれ通勤・オフでもずっと使ってます、2台目の色違いも買おうかな〜と思っています、なぜなら安いから。ipodsほんまにいらないです、高すぎます。

そしてこちらのデザインもなかなかおしゃれです。

  • 防水性:IPX5防水機能
  • Bluetooth5.0対応
  • AAC高音質コーデック対応(イヤホンで操作可能)
  • 充電ケースの充電で30時間ほどの再生が可能
  • カラーも豊富!

 

 

是非カナルイヤホンが苦手で、ワイヤレスイヤホンデビューしたくて、音もそこそこ、そして安く、失敗したくない!!って方はこの「OKCSC X12 Pro」しかないでしょう!!

 

 

Galaxy Buds live

 

現在手配中!

 

AirPods 第1、2世代

2020年にAir Pods Proが発売されました。これはめちゃめちゃいいみたいですね〜私もカナル型出なければ欲しいです。(高いからちょっと手が出ませんが・・・)でも最近、価格がだいぶん下がって、第1、2世代のAirPodsは18,000円くらいで売られてます。

Air Pods:

第1世代:MMEF2J/A
第2世代:MV72J/A

がインナー型になっています。

 

最初は電車とか街でかっこいいな〜とか、落ちて無くならんのかな?と思ってました。でも、「OKCSC X12 Pro」買ってからはこのAirPodsは全く購入対象から外れてしまいました。個人的に、他のインナー型ワイヤレスイヤホンと比較して

  • 棒が出ているのがスマートでない
    高い
  • 音質もそこそこ
  • カラーバリエーションがない
  • 誰でも持っていてかぶる

などが、私が買わない理由です。やはり安い「OKCSC X12 Pro」でこれだけのパフォーマンスを出してくれるのだから、コスパは悪いです。そしてAppleといえばデザイン性ですが、「Galaxy buds live+」のブロンズの方がデザインはクールです。そして、被らない。そして、AirPodsで満たせる機能は他のワイヤレスイヤホンでも満たせる・・・という厳しい判断を私はします。

でも、やっぱりCMとかプロモーションは段違いにクールですね、これは欲しくなるわ。

 

私の心酔するアーティストである「The 1975」のマティ・ヒーリーもAirPodsを愛用しています。まいったな〜、10,000円くらいまで下がったら買おうかな。

AirPods Promotion movie

Music:Palace by Sam Smith

 

 

ABOUT ME
種まく苦労人
情報系大学院卒 COBOL・VBでデータベース関連ソフトウェアプログラマーを経験 ファクトリーオートメーションを中心とした設備の電気制御・電気設計に従事 国内大学院にてMBA取得のため在学中 電気系資格、情報系資格、工学系資格の資格を複数所持。 ゆくゆくは取得手順を公開していきます。 現在、IoT、AI関連プロジェクトを進めております。 こちらは並行しながら、python/概念の学びを継続中。 個人でブランド・家電・家具・インテリア等多岐に渡り 仕入れ・売買経験あり。 行きつけの個人ブランドショップ・ネットコンテンツ等で 売買する内にビジネスの基本中の基本、仕入れと利益の関係を学ぶ。 買取販売ブランドショップの利益の生み方、駆け引きを学ぶ。 兵庫県関連の記事を書いていきます。 大阪⇄兵庫の端まで毎週のように行き来していますので、兵庫愛が強いです。 見ていただいた方に、是非ともいってもらいたいと思い、特に飲食店はコアだったり、穴場だったり、開店がレアな所を中心に紹介していきます。 多方面に興味がありますが、 点は線で繋がることを体感しています。 皆さまの目に止まればい嬉しく思います。 よろしくお願い致します。 twitterのフォローもよろしくお願いいたします。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ @tanekuro_jp